いつものキャンプをちょっと贅沢に!オイルランタンで癒される、木製のテーブルと相性抜群なペトロマックス

ALL

  

キャンプでの必需品といえばランタン。

みなさんは “ランタン” いくつ持っていますか?

オシャレキャンパーの憧れとしてよく耳にするのが「ペトロマックスhk500」

ランタンの魅力はなんと言っても夜の灯りの演出です。

そこで今回は、ペトロマックスを初めとするオイルランタンの魅力と、

キャンプでの演出方法についてご紹介していきます。

ペトロマックス ケロシンランタン

ペトロマックス、やっぱりGGCrewも憧れちゃいました。

キャンプを始めて、オイルランタンを知って、そして購入したのがペトロマックス。

出典・楽天

夜の主役、演出に欠かせないランタン。

その魅力は、ズバリ、灯りです。

オイルで灯すあかりには、LEDなど電気照明では味わえない なんとも言えない癒やしがあり、

キャンプの夜をより一層魅力的にしてくれる 最も重要なアイテム。

キャンプとは非日常空間を楽しむ物ですよね。

だから、自然を感じて星空を眺めて過ごす夜は格別です。

その雰囲気作りにはもってこいのオイルランタン。

主に灯油を燃料にしているランタンの総称です。

中でもペトロマックスのケロシンランプは、そのスタイルから落ち着いた印象があるんですが、

使ってみると結構じゃじゃ馬。

150cp と hk500 外観を綺麗に保つもの大変です(笑

なんと言っても、使い方がとっても手間がかかる、

取り扱いには、とにかく、いろんなところで注意が必要になります。

でも、手間がかかるのはペトロマックスだけじゃありません。

コールマンのオイルランタン達

GGCrewスタッフのコールマンオイルランタンも、ペトロマックスほどではありませんが

それなりに使い方にはコツが要ります。

でも、どちらも雰囲気があって、抜群にカッコいいんです。

LEDのライトなら、充電して電源ONするだけですぐに使えますが、

オイルランタンは、使うときも、使ったあとも手間が掛かるのが事実

キャンプは手間がかかるのも楽しみの一つ

魅力的なツールほど、使うときも、使ったあとも手間が掛かるのが事実

でも、そんなことに手間と時間をかけられるのも キャンプの魅力だと感じています。

現在は、ペトロマックスも150cpに hk500 と 250cpが仲間入り

ペトロマックスのケロシンランタン 左から150cp 250cp hk500

Hk500、現在は中国で生産されているものが多いとか。

でも、とにかく明るいです。なんといってもキャンドルパワー500ですから。

こちらのHk500は、ハンガーに吊るして使うことをお勧めします。

真ん中の250cpは、アーミーカラーでヴィンテージ品。

軍用ものですから結構古い年代もので、ピカピカじゃないので磨きがいはありませんが、ちゃんと使えてます。

左は150cp、まぁまぁだだっ子、気を遣って使用しています。

こちらは一昔前のキャンプブーム以前に廃盤になった商品みたいですね。

そのため現在、市場ではほとんど見かけませんが、こちらもちゃんと現役で使用しています。

因みに、

ペトロマックスとは1910年に創業した灯油ランタンの老舗ーカーで圧力式灯油ランタンを開発した会社としても有名です。

近年ではロケットストーブをはじめ、ダッチオーブン・マグカップ・スパチュラ、ファイヤースキレットといった料理器具も製作・販売されています。

おしゃれキャンプの演出はツールの一体感も重要

コンパス柄の彫り込みテーブルとランタン

キャンプの道具選びで大切なのは、使いやすさやメーカーへの信頼度などもそうですが、

やっぱりおしゃれなものは、手間がかかってもいいですよね。

便利で機能的なツールもいいですが、おしゃれな道具がある、

それだけでキャンプの気分が上がります。

そんなオシャレを演出って、道具一つでは成り立ちません。

ランタンを初め、テーブルやチェアなど、それぞれのツールが持つ存在感と

それらの配置、そして全体をまとめる調和が重要となってきます。

その一体感がサイトの演出に繋がります。

@2020.abc.06 ごまもちさん

最後に

GGCrewの彫り込みテーブルは、そんなこだわりのランタンと相性が抜群なんです。

抜群というより、ランタンの明かりをより演出するためにデザインされたGGCrewテーブル。

彫り込みテーブルの上にランタンを置く。

このランタン灯りの揺らぎだけで、テーブル全体が灯りの演出となり、キャンプサイトの雰囲気をより一層引き立ててくれます。

おしゃれなキャンプ道具を探している人はぜひチェックして、どんどんキャンプ沼の深みにハマってみてくださいね!

関連記事

特集記事

TOP