昼と夜とでは見え方が違う。灯りによって演出の変化が楽しめる彫り込みの影

彫り込み天板の特徴

キャンプをするのに必需品でもあるテーブル。

食事で使うのはもちろん、会話をするのにみんなで囲んだり、キャンプの始まりから終わりまでずっと使うものがテーブルだったりするのではないでしょうか。

昼間はテントの設営や道具の配置をしてからやっと休憩に。

お気に入りのテーブルで昼飯を食べてのんびりすごりたり、自分のキャンプギアを眺めたりと、ひとそれぞれ過ごし方が違うと思います。

夜には焚き火の炎を見ながら酒を飲んでくつろぐなんてこともありますよね。

今ではランタンを持っている方も多くなり、焚き火以外での火の楽しみ方も多く、何かしらのランタンを1人1つは必ず持っているのではないでしょうか?

こだわりのあるオイルランタンになればなるほど、専用のランタンハンガーにかけて撮影したり、テーブルの上に置くだけでもキャンプの雰囲気をグーンと味わうことができますよね。

むしろその炎が揺らぐ影を眺めるのが一番の楽しみだったりもします。

ですが今まで夜の主役がランタンや焚き火台だったのが、彫り込みテーブル1つでランタンの灯りと一緒に楽しめるテーブルに変身します。

夜にランタンで灯した風景

GGCrewのデザインは全て掘り込みによって作られているためプリントやレーザー印刷とは違い、彫り込みの深さによって灯りの影ができます。

そのため、影のゆらめきや影の位置や角度によって昼間とは違った雰囲気を味わうことができます。

今まで主役だったランタンが彫り込みテーブルと組み合わさることによって、より綺麗に見ることができますよ。



他にないデザイン、別の楽しみ方を探していた方は是非GGCrewのオンラインショップにて見てみてください!
https://ggcrew.official.ec

ggcrew

ggcrew

GGCrewでは看板やテーブルになる他にない彫り込みデザインをメインとしたブランドです。 オリジナルデザインの製作依頼も受けておりますのでお気軽にお問い合わせください。

関連記事

特集記事

TOP