お手軽 アウトドア・アクティビティ、チェアリング

ALL

キャンプじゃなくても楽しめるチェアリング、大好きな椅子を持って気軽にお出かけ。でも、もっと楽しくするには、何が必要?

 最近、手軽に楽しめるアクティビティとしてブ人気になっているチェアリングを知っていますか?

キャンプで欠かせないギアが、テントやテーブル、ランタン、そしてアウトドアチェア。

そんな身近なチェアを使って、大自然や公園などで気軽にできるアクティビティがチェアリング

今回は、チェアリングでとっても役立つアイテムをご紹介します。

チェアリングをもっと楽しむ

キャンプやアウトドアの延長で、

川や周辺の野山まで足を運び、チェアに座りながらコーヒーなどを飲んで、

自然を楽しみながら時を過ごすことがチェアリングと呼ばれています。

もちろんキャンプしなくても、近くの公園でのんびりチェアリングなんてのもあり!

最近のキャンプ人気で、週末はどこのキャンプ施設も予約も取りづらいみたいです。

そんな時は気軽にチェアリング。

自然とふれあうことを目的に、気軽にいろんな場所へ出かけられるのもお薦めする理由の一つで、

そんなチェアリングに是非とも加えて欲しいアイテムがミニテーブル。

お気に入りのチェアを持って、お気に入りの場所で自由にくつろぐ

チェアに座って、ただただ、ゆったりとした時間を楽しむ、

コーヒータイムはもちろんのこと食事など、自然に囲まれて過ごす時間はやっぱり最高ですよね。

一人でのんびりと本を読むのも良いし

家族や友達、カップルで会話を楽しむ事もできる、

普段とはひと味違った時間を過ごせるのではないでしょうか。

チェアリングに必要な物とは?

出典 楽天

やはり欠かせないのが、飲み物を入れたボトル

あったかいコーヒーやお茶を入れるのもいいし、

スープもいいかも。

おすすめは、サーモボトル。

なんと言っても、あったかいものがものまま持ち運べること。

お湯を入れておけば、カップヌードルだって食べることができます。

お気に入りのボトルを用意したら、チェア片手に好きな場所へレッツゴー

目的地に着いて、ここだって思う場所にチェアをセット。

ゆったりと腰掛けて、

さぁコーヒーでものもうかって、鞄の中からボトルを取り出す。

一口飲んで、アー最高!! なんて思うのも束の間。

このボトル、どこに置いたら良い?

一回一回、カバンに戻すのも大変、

地面に置いたら、そのたびに起き上がらないといけないし

テーブルも必須?

やっぱり、椅子に座って手の届くところにテーブル的な台が・・・・・ほしい。

出来れば、持ち運びが楽なコンパクトなサイドテーブル

チェアの肘掛けと同じくらい、または少し低いくらいの高さのものをお勧めします。

ゆったりチェアに座っていても、ちょっと手を伸ばすだけで、

すぐに、カップやボトルを手に取ることが出来る。

本を置いたり、おつまみを置いたり、スマホ置いたり、

サイドテーブルがあるだけで、チェアリングの時間がもっと楽しくなります。

そんな、チェアリングをもっと楽しみたい、と思う方に、

GGCrewがご提案している商品、天板と脚が一体となった、コンパクトに折りたためて持ち運べる、

彫刻デザインを施したサイドテーブルをご紹介します

サイズは、43センチ四方の円形歯車型、

一般的には、一人用なら、もっと小さなテーブルや

ロータイプで、超コンパクトに纏められるような製品も数多く販売されていますが、

椅子にゆったり座った状態で利用するなら、

ある程度高さがあるものがお勧めです。

持ち運びに便利なものが一番

持ち運びに便利って、どこまで、どれくらいの距離を運ぶかで、

人によって感覚が違ってくると思います。

車から降りて、数メートル先

キャンプ場なら、駐車場から100メートルくらいまでじゃないでしょうか

車も入れないようなところまで、山の中、沢にそって10分くらい歩く、

トレッキング感覚で自然に入り込むなら、もう少し距離も長くなることもあるでしょう

このように、持ち運ぶ距離や時間も、目的によって様々

歯車形状のサイドテーブルは、片手でヒョイっと持ち運びできるサイズ

とにかく荷物を減らしたい、少しでも軽くしたいと思う方には不向きかもしれませんが

見た目にもこだわりたい方には、絶対お勧めできる商品でです。

使い方は超簡単

ステールの脚が一体になっていて、

天板を持ち上げるだけで簡単に脚も折りたたんで収納完了!

設置するときも、天板を地面と平らに開くだけ

手に持って歩くことも出来るし、

バックに収納すれば肩に掛けて持ち運ぶことも出来るので、

チェアリングでのお出かけもとっても楽。

重さは、1,2㌔と、平均的なチェアと同じくらいの重さ

だから、女性でも気軽に持ち運びすることができます。

もちろん、キャンプやアウトドアでも大活躍しますから、

一人に一つは持っておきたいですよね。

食事を楽しにたい人にもおすすめのテーブル

ミニテーブルの上で簡単な調理

また、キャンプで食べるご飯って格別においしいですよね。

チェアリングでもそれが簡単にできることに気づきました。

コンビニのおにぎりやサンドイッチでもいいし、

GGCREWのサイドテーブルなら、コンロを使って本格的に調理から楽しむことも出来るちょうどいいサイズ。

なにしろ自然の中で食べるご飯はいつにも増して美味しいですもんね。

まとめ

アウトドアってすごーく身近なものなんです。

流れる雲や輝く星を眺めているだけでも心に余裕が生まれ、贅沢な時間を過ごせますよ。

足下も軽くなるこの季節、チェアとテーブル持って、

数時間の非日常を楽しんでみてはいかがですか。

関連記事

特集記事

TOP