キャンプやBBQで活躍するアウトドア用テーブル、おしゃれキャンプを演出するなら、四角それとも丸型、どっち?

ALL

キャンプやBBQでは必須アイテムとなっているアウトドアテーブル。

ソロキャンプからグループキャンプまで、利用シーンや人数によって必要な大きさや形も様々ですよね。

そこで今回は、デュオやファミリーでのキャンプシーンをオシャレに演出するテーブルをご紹介します。

テーブルの大きさ、サイズはいくつを選べば良いの?

食事を並べたり、飲み物を置いたり、ゲームをしたりと、いろんなシーンで活躍してくれるテーブルですが、さまざまなサイズが販売されています。

長さ1mを超える大きな物から、チェアの横に据えるミニテーブルまで様々。

二人で使うなら60センチ位の物がちょうど使いやすいでしょうか。

ファミリーなど4人くらいが食事で利用するなら、90センチ角くらいの大きさは必要です。

ロータイプのチェアが人気、ということは、テーブルも低い方がいいの?

また、テーブルの高さも重要で、椅子に座って利用する事を前提としていますから、お気に入りのチェアとフィットする高さの物を選ぶ必要があります。

最近はロータイプのチェアも人気が高く、それに併せたテーブルも出ていますが、まだまだ数は少ないようです。

但し、ロータイプのチェアはゆったりと時間を過ごす時用、食事などは通常のチェアと使い分ける事が殆どなので、メインテーブルの高さは、カーミットチェアなどと組み合わせても最適な40センチ前後のものを選ぶ事をお薦めします。

周りからかっこよく見られたい、オシャレを演出したいあなたにお勧めの形は?

市販のテーブルで圧倒的に多いのが四角い形です。

定番として形がシンプルで、スチール製の重量感のあるものから、木や樹脂で出来た物、複数のパーツを組み立てる物から、脚が折りたためる物まで、量販品で種類も豊富に揃っています。

また、海外製であったり、製作加工がしやすい分、比較的安価で販売されている物が多いようです。

少し形が変わった物では6角形のヘキサタイプのテーブル、椅子と組み合わせて大人数で囲むのに適しているようです。

このように角張ったテーブルに対して、圧倒的に周りの目を引くのが歯車形状の丸形テーブル。

GG―CREWのテーブルは、その形状だけでなく天板にデザイン彫刻が施してあり遠目でも目を引くほどに存在感があります。

素材は自然との調和を考え、天板と脚すべて天然木を使用し、ネイティブ柄を中心にデザインも豊富。

サイズは86センチで、2人から4人くらいで使うのに丁度いい大きさ。

そんなテーブルを前に、外の景色を眺めながら2人だけで過ごすコーヒータイムは格別です。

そして、なんと言ってもキャンプに欠かせないランタンとの相性が抜群。

夜にはランタンの明かりが天板の彫刻に印影を作り、昼とはまったく違った幻想的な空間を演出できます。

昼は大自然を眺めながらマルチテーブルとしてゆったりと優雅な一時を、夜はテントの中に入れることで普段とは違ったもう一つのお部屋を演出することが出来ます。

もちろん、サイズもコンパクトになる便利な分割式で、組立も工具を使わないで簡単に設置することができるのも、おすすめする理由の一つ。

重量も約7キロと軽量設計、専用のキャリーバックを使って女性でも簡単に肩に掛けて持ち運びいただけます。

まとめ

自然と触れ合うのが魅力のキャンプ、準備になかなか手間をかけられないという方でも、GGCREWのテーブルがあるだけで今までと違った空間を簡単に演出することが出来ます。

テントを始めとしたテーブルなどのオシャレなアイテムを揃えて、周りに自慢したくなる、自分らしいこだわりのキャンプを演出してみるのはいかがですか?

関連記事

特集記事

TOP