ソロキャンプを楽しむスタイル別テーブルの便利な使い方。

ALL

自分の行きたい場所に気楽に出かけられるのがソロキャンプ。

好きなものだけ持ち込んで自由にキャンプ時間を楽しめる気軽さから人気のキャンプスタイルです。

持っていくものも自分の好みで決められて、出発時間も自由。

設営もゆっくり、食事も好きな時に、誰にも縛られずとにかく自由に過ごすことで日常の疲れをリフレッシュしたい。

そんな魅力たっぷりなソロキャンプをより楽しめるテーブルの使い方をご紹介します。

スタイルによってテーブルなどの持ち込むキャンプ道具の種類が変わる

ソロキャンプと言っても、そのキャンプスタイルによって持っていく荷物は「量と質」が異なります。

バックパック的な感覚で、食料と寝袋だけで十分的な「軽量キャンプ」

思い立ったが吉日とばかりにサッと準備して出来るだけ少ない荷物で出かける「軽快キャンプ」

設営と演出は現地についてから考える、だから荷物は余分に持っていくという方や、

積載能力が高い車での移動だから、思いっきり詰め込んでキャンプに臨む「万能キャンプ」

その他、気軽にみせて実はこだわり満載というオシャレなソロキャンプを演出する方も多いのではないでしょうか。

ソロキャンプと一言で言っても中身は千差万別ですから、キャンプに持ち込む道具もスタイルによって変わるもの当然です。

テーブルを選んでソロキャンプをもっと楽しくする

自由に気ままに出来るソロキャンプですが、テーブルなどの必需品はカップルやファミリーキャンプで利用する道具とは違いがあるのでしょうか。

ソロキャンプ専用のギアもたくさん登場していますが、実は複数で行うキャンプでもソロキャンプで大活躍するものがたくさんあります。

テーブルもその一つ。

テーブル一台でキャンプをコンパクトに設営するならサイドテーブルを活用する。

ゆったりとくつろぐコーヒータイムなど、チェアサイドにあるととっても便利なサイドテーブルですが、

コンパクトな設営のソロキャンプなら一人用のメンテーブルとして使うことができます。

バーナーを置いて調理しそのまま食事をするスタイルなら、カップも置ける程度の広さを確保できます。

このサイドテーブルは座ったまま調理するのにも最適な高さの37センチ。

お気に入りのチェアに座って調理したりコーヒーを入れたり、夜には明かりを灯すランタン台としても活躍します。

サイドテーブルはキャンプを自由気ままに過ごしたいと思う方にもピッタリ。

GGCrewのサイドテーブルの組み立ては脚を広げて置くだけでOK。

女性でも簡単に設置できるので「ちょっとだけ場所を移動したい時」「テントの中に移動したい時」など移動がスムーズに行えます。

持ち運ぶ時は天板端に空いている取手を指に引っ掛けるだけ、重さも1.8キロと軽量なので片手で簡単に持ち運びができます。

大自然と触れ合うキャンプ 優雅にくつろぐならミドルサイズのテーブルがお勧め

ソロだからといって「小さく軽量のギア」ばかりに囚われてしまうと、せっかく開放感のある大自然の中にいるのに、なんだか窮屈なキャンプになってします。

そんな時は二人用やファミリー用のテーブルをあえて一人で使うという選択をしてみるのもいかがでしょうか。

例えば食事の時、一人用のテーブルだと食器しか並べることができませんが二人用ならバーナーやケトル、ランタンも余裕で置けて食事に彩りを与えてくれます。

ソロキャンプは道具を運ぶのも組み立てるのも1人です。

なるべく少ないアイテムにまとめるのがソロキャンプのポイントかもしれませんが、

せっかくのキャンプ、身軽に行動できるからこそ自分の好きなアイテムを持ち込んで一人時間を存分に楽しんではいかがでしょうか。

まとめ

GGCrewのサイドテーブルはデザインに重点をおいた天板が特徴。一人を楽しむソロキャンプでも美しい 彫刻デザインがさりげない存在感を放ちます。

自然と寄り添うのが本来のキャンプの醍醐味です。自然と調和できるテーブルで、自分だけのこだわりのサイトを演出してみましょう。

今回ご紹介したテーブルの他にもキャンプやアウトドアで活躍する便利でこだわりのあるテーブルも多数取り揃えています。

気になる人は是非チェックしてみてください。

オンラインショップページ

https://ggcrew.official.ec
インスタグラムページ
https://www.instagram.com/ggcrew_of

関連記事

特集記事

TOP