キャンプでひときわ目立つBIGサイズのテント、サバティカルのポール周りもオシャレに演出するテーブルの便利な活用法

ALL

キャンプは非日常的な世界を味わえるアウトドアイベント

そんな空間を演出するテントも、毎年沢山の種類が発売されていますね。

中でも人気なのが、サバティカルのスカイパイロットTC

抽選でしか買うことが出来ないほどの人気です。

GGCREWスタッフもなんとか手に入れることができました。

今回は、この「SABBATICAL」のスカイパイロットTCを使用したサイトをご紹介します。

おしゃれキャンパーに人気の「SABBATICAL」(サバティカル)のテント

大空間を作る サバティカルのスカイパイロットTC

スカイパイロットの特徴の一つに、ワンポールタイプであることが挙げられます

テントの真ん中にポールを立てるので、正面から見た印象は

ちょうど八角形を半分にした感じでしょうか

通常のワンポールタイプのテントは、女性でも比較的設営が簡単だと言われてます。

しかし、スカイパイロットほどのBIGサイズになると、設営には人数も力も必要かなと

慣れれば一人でもなんとかなりそうですが、基本2人以上で行います。

大きな空間はファミリーやグループ利用に最適

なんと言ってもその大きさはBIGの一言、

ペグダウンすると横幅10メートル、重さは22キロにもなりますが、

居住スペースといえるほど広い空間は、ファミリーキャンプやグループキャンプに最適な広さ

センターポールの長さは2.7m、余裕の高さです。

そのセンターポールを中心に、周囲に4本のポールを立てるので

テント内に全部で5本のポールが立ちます。

しかし、この広さならポールの数なんてまったく気になりません。

こういった大型のテントの使い方は無限大。

ただ寝るだけの空間ではないということです。

空間をうまく利用して、調理もできるし、ゆったりリビングとして活用することもできます。

センターポールの活用法

そんな空間作りに重要なのがポール周りの演出

テント内やタープ周りでスペースを作る方法として、ポール周りの有効活用があります。

でも、中心にポールがあると、その周りって案外使いづらいですよね

大空間だから、ちょっとぐらいポールが邪魔でも気にしない!といえばそれまでですが、

でも、折角なら、おしゃれな演出も考えたいと思いませんか?

そこで活躍するのが

GGCREWのワンポールテント用テーブル

ポール周りが全方向から使えるテーブルに

このテーブル、中心付近にポールを建てられる穴が空いています。

だから、ポールを囲むようにしてテーブルを設置できるんです。

いつもなら邪魔になるポールも、これなら全然気にならない。

そこで疑問が浮かびます。

テーブルの中心に穴があるのはいいけど、ポールはどうやって通すの?

テント設営時のポールを立てる時にテーブルも一緒に設置するとか?

設営後に無理やりポールも持ち上げて穴を通すとか?

テーブルの設置方法

答えは、テーブル天板の分割式

2枚の天板でポールを挟んで、簡単に組み立てることが出来ます。

またポールってテント内だけでなく、タープにも活用しますよね。

まとめ

タープでのポール周りも演出できるんですから、使い方はあなた次第

お好きなテントやタープで、是非分割テーブルをご活用ください。

関連記事

特集記事

TOP