モーニンググローリーを使ってソロキャンプ。女性キャンパーにおすすめの新柄のテーブルを試しに使ってみました。

ALL

GGCrewは普段から数人でキャンプするいわゆるグループキャンプがほとんど。

でも、たまに一緒に行く予定の友人が参加できなくなったりとか、家族に用事が出来たりとか、そんな理由でソロキャンプする、なんてこともあります。

言い訳ですが、決して孤独ではなく、一人の時間を楽しむというスタイル

今回はソロキャンプということで、一人でも設営が簡単なモーニンググローリーを使用したキャンプをご紹介します。

左のテーブルが新柄テーブル 右奥は歯車形状のテーブル

使用したテントはサバティカルのモーニンググローリーTC

TCとは素材のこと、テトロンとコットンの混紡繊維のことで、しわになりにくく乾きの早いテトロンと、通気性・吸水性に優れたコットン(綿)を組み合わせることでできたハイブリッドな繊維がTCと呼ばれています。

TCは比較的火に強いと言われていますから、焚火などの近くで使用するテント素材としては最適ですね。

設営に関しては、一見複雑そうに見えますが、実際に張ってみると意外に簡単です。

最初にビルディングテープに沿って前後の4か所をペグダウン

次にポールを立てて、周囲をペグダウンする。

何度かテントを立てたことがある方なら、一人でも簡単に設営完了です。

もちろんキャンプ初心者の方にも公式ウェブサイトから説明書がダウンロードできるので安心です。

持って行ったのは、お気に入りのチェアとGGCrew歯車テーブル

この日はテーブルの使用テストも兼ねて、新柄も一緒に設営してみました。

新柄は歯車の外形を丸みを帯びた感じに、中央のペルソナ柄に合わせて周囲を切り出しています。

サイズ及び使用感は歯車型と同じ

料理を並べても余裕の広さ ※写真テーブルは柄部分をレジンで着色しています。

見た目が丸みを帯びた分、女性らしいやさしい感じがします。

ちなみに、モーニンググローリーの日暮近くの雰囲気はこんな感じに。(撮影は別日のものです)

テント入り口のポールには、鹿の角のランタンハンガーをセット、

焚き台には、ナフコ フレイムストーブMAXを合わせてみました。

いつもと違って、友人や家族とのおしゃべりはなし、一人でまったりとした時間を過ごします。

そしてこの後は、ランタン祭り。

祭りといっても、ただ単にランタン並べて楽しむだけの自己満足なお祭りです。

テーブルにランタン並べたり、ハンガーにかけたり、高さを変えて明かりの調整してみたりと、一人で結構動き回ってます。

このランタン祭りの模様は、別のブログでご紹介いしたいと思いますで、

気になる方はぼちぼち覗いてみてください。。

関連記事

特集記事

TOP